久しぶりの更新です
今回はインサイドキックの動作について書いていこうと思います。

インサイドキックとは足の内側でボールを押し出すように蹴るキックです。

数あるキックの中でも最も使う頻度が高いインサイドキックはサッカーにおいて1番大切な技術といっても過言ではないでしょう!

こんな感じのキックです↓
FullSizeRender

そんなインサイドキックの動作として1番大切なことはボールを蹴った足の内側を最後まで蹴る方向に向け続けることです。
IMG_0516

当たり前過ぎることですがこの動作が簡単なようで実はとても難しく、できていない選手が多いです。

蹴り足が上に上がってしまい、ボールを浮かしてしまったり、蹴り足を振り回してしまい、ボールが真っ直ぐ転がらなかったりこの基本動作がうまくできないとキックのコントロールが悪くなってしまいます。

身体の部位の柔らかさなど技術面ではない部分が影響することもありますが、基本的には正しい蹴り方ができていなくてこの動作がうまくいかないことが多いです。

この動作をうまく行うためにたくさんポイントがあるのですが今回は3つのポイントに絞って説明します。

① 軸足の置く位置

インサイドキックを蹴る時はボールの真横に軸足を置きましょう。
IMG_0529
軸足を置く位置が手前だったり、遠くなってしまうと蹴り足を真っ直ぐ振るのが難しくなってしまいます。


② 軸足の向き

軸足のつま先をしっかりと蹴る方向に向けて置くようにしましょう。
IMG_0527
IMG_0528
軸足のつま先が横を向いた状態で蹴ってしまうと身体の向きも横向になりやすく、足も真っ直ぐ振りづらくなってしまいます。

③ 助走時の身体の向き

ボールに対して多少斜めに構えても大丈夫ですが身体の向きは蹴る方向を向くようにしましょう。
IMG_0531
身体の向きが蹴る方向と違う方向に向いてしまうとボールの中心を捉えずらく、真っ直ぐ転がすのが難しくなります。

この3つのポイントを意識できると足の内側を最後まで向け続けることがやりやすくなると思います。

選手それぞれ身体の形や特徴が違うので必ずしもこの動作が完璧に正しいとは限りませんが基本的な動作を身につけておくことはとても大切だと思います。

繰り返し、繰り返し練習して正しい動作を身につけて高いレベルのインサイドキックを手に入れられるように頑張りましょう

SIF冬の1DAYスクール開催することになりました

キッククラス、ドリブルクラス、フットサル大会の3つのクラスでトレーニングを行います

サッカーが上手くなりたい小学生是非ご参加ください

IMG_0211

【これは本田選手のツイッター企画のパクリですが】
僕達が1万円は払えないのでクオカード500円払うので、僕達に冬休みにサッカーを教わりたい人っていますか?ただ条件があってサッカーが上手くなりたい小学生に限ります。僕達がお金を払って教えます。

【日時】
12/26(木) 9:30〜11:30 フットサル大会 低学年(25名)
12/26(木)12:00〜14:00 フットサル大会 高学年(25名)

12/27(金)9:30〜11:30 キッククラス 低学年(25名)
12/27(金)12:00〜14:00 キッククラス 高学年(25名)

1/3(金)9:30〜11:30 ドリブルクラス 低学年(20名)
1/3(金)12:15〜13:15 ドリブルクラス 高学年(20名)

詳細はこちらから



先日SIFフィールドでスクールトレーニングマッチが行われました❗️
今回は厚木で活動しているサッカースクールCCFさんとの試合でした。
IMG_0091

普段のスクールではなかなか味わえない緊張感の中での試合となりました。

その中でもそれぞれの選手が普段のスクールで行ってきた練習の成果を発揮してくれたと思います

しかし、試合結果はCCFさんの選手のスピードあるドリブルを防ぎ切れず、敗北となってしまいました

次回試合する時は勝利を収められるように練習頑張っていきましょう

対戦して頂いたCCFさんありがとうございました


IMG_0087
オウちゃん、トモキ

IMG_0088
タイガ、タイセ、オウちゃん

IMG_0089
タイガ、ユウマ、トモキ

IMG_0093
キョウメイとジュニアユース選手のムッちゃん

IMG_0090
リクト、ミノリ、タイガ、ユウマ

IMG_0092
CCFさんの選手も混ざっての集合写真

↑このページのトップヘ