こんにちは
今回はスクールで行われる試合形式の練習について書いていこうと思います

IMG_9926

SIFスクールで行う試合形式の練習での最大のテーマは『本気を出す』ということです。

サッカー選手はチーム内の紅白戦や練習試合、公式戦など数多くの試合形式の場があると思いますがそれぞれの試合で自分の力を発揮できているでしょうか??

緊張して力が出せない、相手が強くて萎縮してしまうなど理由はたくさんありますが、ほとんどの選手が試合ごとに出す力にばらつきがあると思います。

スクールでのゲームから本気を出す癖をつけることでどんな試合でも安定して力を発揮できる選手の育成を目指しています。

IMG_9927

【試合時間は短くプレー強度を高くする】
IMG_9937

SIFスクールではゲームの時間は一本2分〜3分短い時には1分30秒といったとても短い時間で試合を区切っています。

試合時間を短く設定することで疲れた状態でのプレーを少なくし、元気な状態でのプレーを連続させることができます。

元気な状態でプレーができることで一つ一つのプレスを全力でいける、球際での攻防を激しくさせる、ボールを受ける、奪いにいくといった試合中のアクションの頻度を高めることができます。

このようなプレー強度を高めることが選手たちの本気を引き出していくことに繋がっていくと考えています。

【自分のできることを徹底する】
IMG_9924

ゲームの中で意識して足を速くしたり、シュートが急に強く蹴れるようになったりはしませんが、声を出してボールを呼ぶことや、疲れるまで全力で走ることなど自分でやるかやらないか選べるプレーがサッカーには存在します。

そういったプレーは学年や身長差など関係なく、誰でもできることなので毎回のスクールでのコーチングにより徹底することでどんな試合でも自分のやれることを実行する癖をつけていきます。

シュートが入るかどうかや相手を抜けるかどうかなどはその試合ごとに変化してしまう部分ですが、どんな試合でも変化しない部分をスクールで徹底することは本気を出すことに繋がっていくはずです。

【勝敗にこだわる】
IMG_9932

最後に本気を出させる上で最も重要なことは勝ち負けにこだわりを持たせることだと考えています。

勝ち負けなんてどうでもいいと思ってる試合ならピンチの時に身体を投げ出してでもシュートを止めることや自分の限界まで走り続ける選手はなかなかいないと思います。

ボールのもらい方やディフェンスの仕方などゲーム形式で教えなくていけないことはたくさんありますが、まずはどんな試合でも勝ちたいと思わせることが大切だと考えています。

常に本気でプレーをする癖をつけてどんな試合でも自分の力をしっかりと発揮できる選手を目指していきましょう!
IMG_9936






今回はSIFスクールで行なっているインサイドキックについて書きたいと思います。

IMG_8951

インサイドキックは誰でも蹴れるキックと思われがちですが選手によって技術レベルに大きく差があります。

ボールを浮かさずに転がせられるか、強く速いボールを蹴れるか、意図した場所に正確に蹴れるかなどインサイドの技術が求められるポイントはたくさんあります。

パスだけではなくゴール前でのシュートなど使用頻度が試合の中で1番多いキックなのでインサイドキックの技術を高めることはサッカーにおいてとても重要なことだと考えています。

IMG_8946


【パススピードを意識する】
SIFスクールではパススピードを徹底的に意識してインサイドキック練習を行います。

速いボールを蹴るとボールは浮きやすく、コントロールも乱れやすくなります。

そんな難しいキックにトライすることで一回一回の集中力を高めて練習を行うことができ、技術向上に繋がると考えています。

さらには速いボールがくることでボールを止める難易度も跳ね上がるのでトラップの技術も成長していきます。

速いボールを練習することでパスが出せる距離が長くなったり、敵と味方の距離が近くてもパスを通すことができるようになったりと試合中のプレーの選択肢や幅が大きく広がっていくはずです。

FullSizeRender

【練習回数を多くする】
インサイドキックの技術向上にはキックを繰り返し繰り返し行い、回数をこなすことが必要となってきます。

SIFスクールではインサイドキックの練習は基本的に2人1組で行います。
3人組、4人組にしてしまうとその分ボールの触る回数は1/3、1/4と減ってしまうので2人1組という人数は大切にしています。

時間としてもインサイドキックの練習だけで毎回15分ほど行い、回数としては1人だいたい150〜200本の本数を蹴ることになります。

この本数は少年サッカー1試合のパス総本数より多い数となります。

単純な練習ですがしっかりとポイントを意識して回数を重ねることでインサイドキックの技術は加速的に向上していきます。

FullSizeRender


サッカーで必ず使い、最も使用頻度が高いインサイドキックはとても重要な技術なので一回一回の練習を大切にしてしっかりと上達させていきましょう




SIFフィールド校火曜クラスの様子です

この日は一対一の練習を重点的に行いました❗️

相手を抜き去る時のスピードの上げ方がみんなうまくなってきていると思います

最後のゲームの中でもドリブルで相手を抜きにいくトライが多くみられ、練習でやったことを試合に活かそうとする選手がたくさんいました

ボールをコントロールする短いタッチ、スピードを上げる長いタッチをうまく使い分けてもっともっと相手を抜けるようになりましょう


FullSizeRender
ユウセイ、ハヤト、トモキ、ハルト

FullSizeRender
ハルト

FullSizeRender
コウガ

FullSizeRender
ヨリ

↑このページのトップヘ